2008年03月29日

三国志人物事典

三国志人物事典
三国志人物事典

仕事に使うので買ったものです。

いいですよ、これ。


■全登場人物がわかる!

三国志にもいろいろありますが、これは「演義」の事典です。

全登場人物、約1500人分のデータが収録されています。

僕はこれ以上詳しい三国志人物事典を見たことがありません。

劉備や曹操などの中心人物はもちろん、チラッとしか出てこない人物や、会話の中でしか出てこない人物までキッチリと網羅されています。

これ一冊あれば他の三国志人物事典はいりません。

僕の本棚でも、かなりの存在感があります。


■この事典でわかること

各人物が「演義」のどこで初登場したのか。

第何回でどんな行動をしたのか。

どんな名場面を繰り広げたのか。

などなど。

よく調べたなぁ〜というのが率直な感想です。

とにかく驚嘆してしまいます。


■列伝!

人物を中心に描いた、いわゆる「列伝」としても楽しめます。

「劉備を中心に見るとこうだけど、曹操から見るとこうなのか〜」と♪


■地図

三国志では地図が重要ですよね。

後漢末の勢力図、三国時代の勢力図が載っているので便利です。

さらに益州・漢中をアップにした地図や、荊州をアップにした地図も別に付いています。


■故事成語

巻末には三国志にまつわる故事成語の解説も載っています。


■出師の表

さらに「出師の表」の原文と書き下し文まで載っています。

三国志人物事典


■ちなみに…

もっと少ないデータでもいいので、安価な事典が欲しいという場合はこちらもあります。

2008年03月29日

三国志 吉川英治(著)

三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)
三国志〈1〉


■チャーハン

とくにチャーハンが大好物というわけではありませんが、おいしいチャーハンを食べるとき、僕はとことんよく噛みたくなります。

食べ終わって「今回はちょっと噛み足りなかったかな」と思うときは、お腹はいっぱいなのにもう一皿食べたくなります。


■もったいない

よく噛まないともったいない気がするんです。ひと噛みひと噛みが一期一会とでもいいますか、そんな気分になって。

吉川英治さんの『三国志』も同じ感覚でした。


■しゃぶり尽くす

ひと文字ひと文字、活字の並びを楽しみながら大切に読み込んで、味わって、文字を舌の上で転がすようにして行間に世界を広げていく。一行一行が、一期一会です。

「これは面白い、いつかまた再読しよう!」と思う本でも、実際に全部を再読することってあまりないんです、僕は。

だから読んでいるその瞬間をおろそかにすると、一生後悔するような気がしちゃって。


■一生に一度

いま目の前にある文章をなんとなく読み流してしまったら、僕はもう一生このページのこの一行を目にすることはないのかもしれない、って。

だから大切に読みたいんです。


■しあわせ

文章をとことんしゃぶり尽くして、どっぷりと吉川英治の世界にひたる。すごく幸せです。

三国志〈1〉
三国志〈2〉
三国志〈3〉
三国志〈4〉
三国志〈5〉
三国志 (6)
三国志 (7)
三国志 (8)

2008年03月06日

三国志 群雄データファイル

三国志 群雄データファイル (知的生きかた文庫)


■誰だっけ?

「三国志」のゲームや小説で、 あれ?この武将、誰だっけ…って思ったこと、ありませんか。 僕はよくありました。

( ̄∇ ̄*)>

そのときに役に立ったのがこの本です。


■円グラフ

出身や略歴はもちろん、統率力、決断力、戦闘力など8つのデータが数値化されて、円グラフになっています。

ビジュアル的にとてもわかりやすい本でした。


■168人のデータ

この本には168人の武将が載っていますから「三国志」の主要メンバーはまず網羅されています。

でも全員が載っているわけではないので、もっと詳しく知りたい! という方には、ちょっと物足りないと思います。

そういう場合は、全登場人物が載っている事典をどうぞ。


■読まないでください

三国志に詳しい人は読まないでください。

あくまでも三国志の入門者向けの本と考えたほうがいいかも知れません。

上級者はもしかすると欲求不満になるかも…

でも、寄り道をせずにストレートに直感的に三国志の世界に触れたいという方にはピッタリの本だと思います。
三国志 群雄データファイル (知的生きかた文庫)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。