2008年03月29日

三国志人物事典

三国志人物事典
三国志人物事典

仕事に使うので買ったものです。

いいですよ、これ。


■全登場人物がわかる!

三国志にもいろいろありますが、これは「演義」の事典です。

全登場人物、約1500人分のデータが収録されています。

僕はこれ以上詳しい三国志人物事典を見たことがありません。

劉備や曹操などの中心人物はもちろん、チラッとしか出てこない人物や、会話の中でしか出てこない人物までキッチリと網羅されています。

これ一冊あれば他の三国志人物事典はいりません。

僕の本棚でも、かなりの存在感があります。


■この事典でわかること

各人物が「演義」のどこで初登場したのか。

第何回でどんな行動をしたのか。

どんな名場面を繰り広げたのか。

などなど。

よく調べたなぁ〜というのが率直な感想です。

とにかく驚嘆してしまいます。


■列伝!

人物を中心に描いた、いわゆる「列伝」としても楽しめます。

「劉備を中心に見るとこうだけど、曹操から見るとこうなのか〜」と♪


■地図

三国志では地図が重要ですよね。

後漢末の勢力図、三国時代の勢力図が載っているので便利です。

さらに益州・漢中をアップにした地図や、荊州をアップにした地図も別に付いています。


■故事成語

巻末には三国志にまつわる故事成語の解説も載っています。


■出師の表

さらに「出師の表」の原文と書き下し文まで載っています。

三国志人物事典


■ちなみに…

もっと少ないデータでもいいので、安価な事典が欲しいという場合はこちらもあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。