2007年03月12日

小売業の王者ウォルトン 第3回 No.1になる

絵で見る人物伝。ウォルマートの創始者、サム・ウォルトンの第3回です。

これまでの内容は小売業の王者ウォルトン もくじをご覧下さい。

(・_・)ノ さて。

ウォルトンはフランチャイズの加盟店になりました。

フランチャイズの仕入れの流れはこうです。

wol_06.gif
 
メーカー→フランチャイズ本部→加盟店

というふうに商品が流れてきます。

ここでウォルトンは思いました。

「メーカーから直接仕入れたほうが安くね?」

想像図↓
wol_07.gif

ウォルトンは安く売ってくれる仕入先をもとめて、独自に動き始めました。

安い商品を店に並べると、どんどん売れました。

当然フランチャイズ本部は怒りました。

でもウォルトンは無視しました。

彼は生き生きと仕入れを続けます。

"ヽ(´▽`)ノ"

こうしてウォルトンの店は急成長!

目標どおりアーカンソー州でナンバーワンのバラエティストアになりました。

しかし…

ウォルトンはすべてを失います。

店も土地も、何もかも。

いったい何が起きたのかは、次回。

よろしければランキング歴史ブログのクリックをお願い致します。

つづく
小売業の王者ウォルトン もくじ
この記事へのコメント
こりゃ本部は怒りますね。それで報復されちゃったんでしょうか?それとも調子に乗りすぎ?
またまた気になるところでところで切りますね。(笑)
Posted by milesta at 2007年03月12日 08:53

>milestaさん
本部、怒りますよね。やっぱり業界のルールがあるのか、ほとんどのメーカーはウォルトンの誘いを断ったみたいですよ。
それでもウォルトンは何とか安い業者を探してそこから仕入れて、工夫したようです。
Posted by あーりー at 2007年03月12日 09:02

ちょいと勝手な行動に見られちゃいますよね。
次回すごく気になります^^
Posted by 楠木正成 at 2007年03月12日 19:57

そりゃ、本部は怒るよなあ。
でも、ある意味ではフランチャイズマージンと
卸マージンとの店利益の二重取りという
構造にはなっている。
でも、それは承知の上でフランチャイズ
契約を結んでいるわけだし・・・と。
Posted by 風刺子 at 2007年03月13日 16:51

>楠木正成さん
一応「少なくとも何%の商品を本部から仕入れなくちゃいけない」という決まりがあったようで、ウォルトンはそれをクリアしてはいたみたいなんですけどね。
Posted by あーりー at 2007年03月13日 17:27

>風刺子さん
本部としてはいい気はしないですよね。
消費者としては、安いにこしたことはないですが(´∇`)
Posted by あーりー at 2007年03月13日 17:28

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。