2007年03月05日

ロックフェラー 第1回 少年時代

よろしければランキングへ1票クリックをお願い致します。

絵で見る人物伝。今日からは大富豪ロックフェラーの人生を振り返ります。もくじはこちらです。

ロックフェラーは19世紀のアメリカ人です。彼はたった一代で莫大な富を築きました。

普通の事務員だった彼が、どんなふうにして人類史上空前の大金持ち、大資産家になっていったのか、それを見ていきたいと思います。

ジョン・D・ロックフェラーは1839年、ニューヨーク州で生まれました。

想像図↓
rokku_01.gif
 
彼はおとなしい少年に成長しました。

彼の父親は材木商で、けっこう裕福でした。

しかし…。

父、破産!

Σ( ̄□ ̄;)

さらに数年後、ロックフェラーは高校を中退します。

想像図↓
rokku_02.gif

順調とはいえない人生のスタートです。

これはいつ頃の話かわかりませんが…

成功する前のロックフェラーがある女性にプロポーズをしたことがありました。

しかし女性の親は「きみは将来性がないからダメだ」と断ったといいます。

ロックフェラーはここからどうやって大富豪になっていくのか。また次回。

つづく
大富豪ロックフェラーもくじ

よろしければランキングのクリックをお願い致します。
この記事へのコメント
名前は聞いたことがありますが、何をした人か全く知らないので(…)楽しみです(^-^)v
今回はちゃんと人に見えます!…いえあの、お米のインパクトが強かったもので…(_ _;)
Posted by うえだ at 2007年03月05日 12:43

おお!
ロックフェラーですね、楽しみです♪
やっぱり、あーりーさんの挿し絵ホンワカした感じで、文章と合います。
(*^-^)b
子供たち向けに、歴史の入門編として、見せたいな〜♪

何遍かたまったら、書籍にしましょうよ!
このイラストだったら、行間に小さめに入れると、バランス良くなりそうだな〜♪
Posted by 寿円 at 2007年03月05日 13:21

しょんぼりと高校を去る姿がなんとも言えませんね。
おもわず「がんばれー!」って応援したくなりますっ。
Posted by air at 2007年03月05日 13:23

あーりーさんの絵、ホンワカしますよねー。
でも、あんなに頭の大きな赤ちゃんじゃ
産むのに難儀しただろうなと変なところに
気をとられてしまいました。(笑)
これから先のお話、楽しみにしてまーす。
Posted by びしゃみ at 2007年03月05日 13:41

>うえださん
お米はそんなにインパクトが…(゚ロ゚;)
dめお今回は食べ物ではなく人に見えてよかった(笑

>寿円さん
ぜひお子さんたちとご一緒に♪
こんなへんちくりんな絵を書籍化してくれるとこあるかな…(´∇`;)

>airさん
しょんぼりロックフェラー、ぜひ応援してください。
(゚∀゚)ファイト!

>びしゃみさん
きっと難産だったんでしょうね…って、いやいや、そこに気を取られるとは思いませんでしたよ(笑
Posted by あーりー at 2007年03月05日 14:53

おっと、意表を突かれた。
今回は、あのロックフェラー財団の!
「人生 いろいーろ♪」
Posted by 風刺子 at 2007年03月05日 16:28

>風刺子さん
はい。人生いろいろ。ロックフェラー財団のロックフェラーです♪
Posted by あーりー at 2007年03月05日 17:39

しょんぼりし過ぎですね
それにしても「将来性がない」ってひどいこと言いますね〜
今の時代だとその一言で事件のひとつやふたつおきそうです・・・
(((( ;゚д゚)))アワワワワ

>びしゃみさん
難産以上に体より頭がでかいから歩くのが大変ですよ
Posted by アキラ at 2007年03月05日 23:32

>アキラさん
いろいろとしょぼりなスタートのロックフェラーです。
進め!金持ちへの道!今はビル・ゲイツがすごいけど、当時はロックフェラーがすごかったみたいですよ。
Posted by あーりー at 2007年03月06日 07:14

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。