2006年11月23日

新書太閤記1巻のいいコトバ

いつもランキングありがとうございます。

吉川英治氏の『新書太閤記』1巻を読んでいます。「あ、いいな」と思うところがいくつもあって、それをノートに書き出そうと思ったんですが、せっかくなのでメモがてらブログに書くことにしました。
 
挫折を繰り返しながら何度も夢にトライした流浪時代の秀吉(日吉)について…

>>日吉は、その夢を離さなかった。なぜならば、自分の望んでいるものは、誰に聞かれても、恥ずかしくない立派なことだと、かたく信じているからである。

という文章がありました。『新書太閤記』1巻の186ページからの引用です。

あ、これいいなって思っちゃいました。

あと、同じく秀吉についての文章で…

>>人は彼を小馬鹿にするが、彼は人を馬鹿にしない。

同201ページからの引用です。


秀吉はようやく蜂須賀小六の使い走りになったところです。寝る前の読書タイムが楽しみです♪

m( _ _ )mいつもランキングぽちっとどうもです。

新書太閤記〈1〉
新書太閤記〈2〉
新書太閤記〈3〉
新書太閤記〈4〉
新書太閤記〈5〉
新書太閤記〈6〉
新書太閤記〈7〉
新書太閤記〈8〉
新書太閤記〈9〉
新書太閤記〈10〉
新書太閤記〈11〉


この記事へのコメント
はじめまして!
自分の夢をしっかり持ってそれに誇りを持ち、他人を蔑まない、日吉はとても素晴らしい人だったんですね!!
私も見習いたいと思いました。
Posted by Eddy at 2006年11月24日 19:20

こんにちは。
僕は今、夏草の賦の下巻を読んでいます
あと、信長の野望革新プレイ中です。
やっと武田信玄で天下統一しました。
Posted by ひろ at 2006年11月24日 20:30

>Eddyさん
はじめまして♪
はじめてのコメントありがとうございま〜す。
日吉いいですよね。
実際の日吉(秀吉)がどうだったのかは今となっては分かりませんけど、小説は小説として楽しんでいきたいと思ってます♪
僕も見習います。

>ひろさん
おぉ〜『夏草の賦』は思い出深い作品です。
痔で入院したときに読みました。
『信長の野望革新』天下統一おめでとうございます。
武田信玄は今川や北条の本拠地が近いので、激戦区を楽しみながらできたんじゃないでしょうか♪
Posted by あーりー at 2006年11月25日 07:46

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。