2006年09月04日

月面で爆発

ランキングありがとうございます。

2003年9月に打ち上げられたヨーロッパの無人月探査機が今月になって任務を終えたので、月の地表に激突させられたそうです。

いらなくなったからって月面にぶつけられるとは、ずいぶんムチャクチャな幕引きですね。

もっとスマートな処理の仕方はなかったんでしょうか。と思ったら、この無人探査機の名前は、なんと…
 
スマート1。

( ̄□ ̄;) 名前と幕引きにギャップが!

そしたら、あれなんですね。この激突も任務のうちだそうです。

わざと月面にぶつけて「月の重力変化や、舞い上がる砂の観測から月の鉱物資源の調査を行う」そうです。

おぉ♪ 散りざままで任務の一環だったとは!

スマートです。

パソコンの方はこちらに詳しく載っています。こちらには写真も。

ランキングありがとうございます。


この記事へのコメント
>この激突も任務のうちだそうです。
>わざと月面にぶつけて「月の重力変化や、舞い上がる
>砂の観測から月の鉱物資源の調査を行うそうです。
そうでしたよね。新聞で読んでました。
でも、人類って、地球だけじゃなく他の天体まで汚染してるな・・・。
Posted by 風刺子 at 2006年09月04日 11:16

>風刺子さん
良くも悪くも人類の手の届く範囲がどんどん広がってますよね。
そういえば昔は星座がよく見えたんですけど、今は見えません。
街の灯りが眩しいというのもあるけど、何よりも僕の視力が落ちて…。
(;´Д`)か、かなしい…
Posted by あーりー at 2006年09月04日 17:33

>風刺子さん
本当ですね…。
研究の為とは言え、回収出来ない以上、投棄と変わり無いように感じます。

>あーりーさん
いや…視力の問題もありますが、
過剰な照明によって、星座が見えなくなってますよね(^_^;)
以前、カナダのジャスパー国立公園に行ったとき、星の多さに感動しました。

過剰な看板や、営業時間外の施設の屋外照明って、公害の一種かもしれませんね。
Posted by 寿円 at 2006年09月04日 18:16

最後に散って任務を終える。なんだかガンダムっぽくて興奮しました。
でも、確かに風刺子さんの言うとおり、他の天体まで汚染してますね。納得。

そういえば土星の輪って周りにあるゴミやチリを重力で引き寄せてしまっているらしいんです。実は木星にもあの輪はありますしね。
ちなみに・・・・・・・・。土星をプールに入れてみます。
ドッボーン!!
すると、土星は浮いてしまうんです。水よりも軽い物質で出来ているらしいですよ。
Posted by 秋子 at 2006年09月04日 19:01

確か前に人工衛星のこと調べた時、悲しく任務を終えた衛星がありました。
その名も「ガリレオ」。
ガリレオ=ガリレイから取られたそうです。
最期は木星の大気圏に突入させられて押しつぶされてしまいました。
さまざまな任務をこなしてきたガリレオですが、悲惨な最期を送ってしまいました・・・
理由は、地球の微生物がもしもガリレオについてて、生物のいそうな星に着陸してしまう可能性が高かったからだそうです。
う〜ん・・・NASAも考えるな〜
Posted by 石田三成 at 2006年09月04日 21:40

>寿円さん
カナダの国立公園、いいですね〜。
でもそうそう行けないので、穴場を探さないと(笑)
頭上に当たり前にあるはずの星を見るのに、照明の少ない穴場を探さなきゃならないっていうのも、なんだかな〜ですね。

>秋子さん
惑星の周りにあるゴミやチリが重力で引き寄せられて輪になるなら、いつか地球の周りにも輪ができるかも知れませんね。
宇宙船や衛星の残骸とか、宇宙生活での不法投棄物とか…

>石田三成さん
ガリレオにくっついてるかもしれない微生物が、他の惑星で繁殖するのをふせぐために、わざと木星の大気でつぶしてしまったということですか?
う〜ん、なるほど。
ありえないとは思いますけど、木星こそが微生物にとって最適の環境だったらウケますね。
Posted by あーりー at 2006年09月05日 08:06

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

【お願い】
業者の宣伝防止のため、コメントの表示にお時間を頂いています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。