2006年08月02日

アレクサンドロス大王の東方遠征

前回のつづきです。オリエントを統一したのはアケメネス朝ペルシャでした。

17akemenesu2.gif
アケメネス朝は、服属民にやさしい政治をおこないました。
 
アケメネス朝は一方で、ギリシアに目を向けました。

18akemenesu3.gif

↑そして、やたらとちょっかいを出しました。

ギリシアと戦争をしてみたり(ペルシア戦争)、ギリシアの内戦に干渉してみたり(ペロポネソス戦争)です。

やがてギリシア国内でアレクサンドロス大王がリーダーシップを発揮するようになると、「いつもちょっかいを出してくるアケメネス朝をやっつけよう」みたいな空気になりました。

そしてついにアレクサンドロス大王の東方遠征(前334〜前324年)がはじまりました。

19daiou.gif
アケメネス朝、ピーンチ!

こうしてアケメネス朝は滅ぼされてしまいましたとさ。ポチッとありがとうございます→ランキング


この記事へのコメント
軍勢は少ないけれども、見事に打ち破ったところがスゴイです。
ファランクス戦法と騎馬隊を使った側面攻撃ですね。
とある本では彼みたく騎馬隊を使用できたのは、織田信長とハンニバルだけだと書いてありました。
Posted by 九賀コリン at 2006年08月02日 10:04

>九賀コリンさん
マケドニアのファランクスは画期的だったようですね。それとブログを拝見しました。自己紹介の「小さな河原でキャンプして焚き火しながらウイスキー」って、いいですね!
Posted by あーりー at 2006年08月02日 11:24

アレクサンドロス大王は、最初は暴虐な君主でしたが、その後仏教に帰依し、攻め滅ぼした国の民衆にとっても徳の厚い善政を布いたというのが、私の印象ですけどね。

それにしても、絵がうまいというのもあるけど、その絵をイメージ化する才能が素晴らしいですね。
Posted by 風刺子 at 2006年08月02日 12:51

>風刺子さん
(´∇`)絵をそんなふうに言って頂いて恐縮です。
アレクサンドロス大王って、そうだったんですか?それはもしやアショーカ王?いや、僕の勉強不足かな…(汗)
Posted by あーりー at 2006年08月02日 13:11

アケメネス朝はちょっかい出したせいで滅びたのですね〜
その付属民は「え〜せっかくよかったのに〜」みたいな感じだったのかも・・・

う〜ん・・・絵が分かりやすい・・・
Posted by 石田三成 at 2006年08月02日 13:28

>石田三成さん
アッシリアが服属民をいじめてキレられて滅亡したので、アケメネス朝はそれを見て学んだのかも知れませんね。
Posted by あーりー at 2006年08月03日 07:29

あーりーさん
>それはもしやアショーカ王?
面目ない、「仏教に帰依し」の部分はその通り、私の勘違いでした。(汗)

Posted by 風刺子 at 2006年08月03日 07:57

>風刺子さん
あ、でも征服した土地に図書館を作ったりして融和政策をとったのは事実ですよね。人物名は僕もよく混乱します(笑)
Posted by あーりー at 2006年08月03日 08:32

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。