2006年06月02日

細かすぎて伝わらない顔文字 豊臣秀吉

本能寺の変を聞いたときの秀吉の反応…
 
( ´Д⊂ヽエーン

  ↓

( ̄ー ̄)ニヤリ

きょうは本能寺の変デーですね。

みなさんもよくご存知のように、天正10年のきょう、明智光秀が京都の本能寺で織田信長を自害に追い込みました。

その知らせをうけた秀吉は、最初は泣きじゃくったそうですが、

「天下を取るチャンスだ」

と気づき、行動を開始しましたよね。そのニヤリです。

ランキングありがとうございます。


この記事へのコメント
本能寺の変で

信長「襲撃してきたのは誰ぞ。」
家来「明智光秀様にございます。」
信長「是非もない。」 → 自害

この「是非もない」という言葉には、どういう意味が込められているんだろう??!!
Posted by 風刺子 at 2006年06月02日 12:04

初めまして〜!北条一号です。

自分が聞いた所では、
秀吉「( ´Д⊂ヽエーン」
黒田「天下取るチャンスっすよ」
秀吉「マジか」
黒田「はい」
秀吉「( ̄ー ̄)ニヤリ」

らしいですよ。
このことが元でクロカン(黒田官兵衛)は秀吉から警戒されるようになったとか
Posted by 北条一号 at 2006年06月02日 20:00

秀吉はなんだかいやらしいですね。
みんなは誤解して「カタキを討つ!」と秀吉はいってたといっています。
実際は「天下を取るチャンスだ」なんて思ってもいませんよ。

みんな「戦国時代」という物をわかってないな
( ̄ー ̄)
Posted by 石田三成 at 2006年06月02日 20:17

>風刺子さん
その言葉の真意は永遠に謎ですね〜。
おかげでこうして後世まであれこれ解釈を楽しめます♪

>北条一号さん
はじめまして〜!
北条一号さん、ようこそです。
黒田官兵衛の切れすぎる頭脳がアダとなったようですね。
また遊びに来てくださいね。

>石田三成さん
たしかに本能寺の変の時点では秀吉は天下をとろうなんて思ってもみなかったのでしょうね。
でも行動すれば未来が開けるとは思ったかも。面白いですね。
それにしても歴史上の人物の心中をいろいろ想像できちゃうのは後世の特権〜。
Posted by あーりー at 2006年06月02日 20:37

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。