2006年05月03日

職業は『信長の野望』

世の中にはいろいろな仕事がありますね。『信長の野望』のゲームをすることを仕事にしている方たちもいます。
  ↓
みんめいネット
 
僕も『信長の野望』は大好きなんですが、いつもどの武将でプレイしようか悩みます。

本州、四国、九州のみなさんは「地元の武将」というのがあっていいですよね。そういうの、うらやましいです。

僕の住む北海道の北部には「地元の武将」がいません(涙)。

だからせめて北海道の南部の蠣崎氏でプレイすることがあります。

なかなかいいですよ、蠣崎氏。

そりゃあ、農業基盤が脆弱で、商業力も高くないし、地理的にも圧倒的に不利で人材もとぼしいですけど…

でもなんか牧歌的なんです。

『信長の野望』をのどかにプレイしたいときは蠣崎氏に限ります♪

こちらをポチッと。ありがとうございます。

ランキング
この記事へのコメント
僕も南端の島津家でクリアしたから北端の蠣崎家でクリアだ!って思ってやったんですが大名一人しか武将がいなくて身動きとれませんでした
大名が頑張って耕した畑を壊された時とか壊れかけの会社の社長が取り立てにあってるみたいで・・・
蠣崎家ょゎぃ...

>それにしても、以前は中学生だったアキラさんが今はヒゲをのばす年齢になったんですね〜。
>時の流れしみじみ。
本当そうですよね〜
歳をとりましたw
外に出る時少し恥ずかしいので剃るべきでしょうか?それとも引きこもりになっておくべきでしょうか?
Posted by アキラ at 2006年05月03日 09:09

>アキラさん
『信長』は「革新」とか「天下創生」とかいろいろなシリーズがあるようですね。
でも自分がどれをやってどれをやってなのか、もうわけわかんないですね。
どれがプレステでどれがオンラインなのかもわかりませんし…(笑)

ヒゲがボーボーのまま一度コンビニに行ってみるというのはどうでしょうか?
(o^∇^o)
Posted by あーりー at 2006年05月03日 09:26

仕事が「信長の野望」ってウラヤマシイですね〜
生活できるんでしょうか?
ちなみに私は南部家をよく使いますね。
「三日月の〜丸くなるまで〜南部領〜」
Posted by 大谷吉継 at 2006年05月03日 12:07

>大谷吉継さん
吉継さんは南部家がお気に入りですか。
僕はそういえば南部家ではやったことがありませんね〜。
でも東北は馬の産地なので騎馬軍団が編成しやすくていいですよね。
Posted by あーりー at 2006年05月03日 17:29

>あーりーさん
僕はパソコンの「将星録」とかいうやつだったはずです
けどいっぱい出しすぎですよね光栄は最近続編ばっかりですからねぇ〜
ヒゲがボーボーのままで外にでるのはできるだけ回避したいと思いますw
なんか無精ひげってやつですね・・・
立派なヒゲにはなりそうにないです

Posted by アキラ at 2006年05月04日 09:21

はじめまして。話に乗っからせていただきます。

信長の野望はやっぱり地元の大名が使えると愛着がわきますね。
 現在通っている高校が昔は城だったようで、地元の北条家を良く使います。
田んぼが作りやすくてよいです。

ゲームする事も仕事だとなるとイヤになってくるかもしれませんね……。

Posted by mori_co at 2006年05月04日 23:46

>アキラさん
僕もひげはあまりボーボーにならないタチです。
だから関羽とかスゴイと思います(笑)

>mori_coさん
はじめまして〜。初コメント歓迎です♪
北条氏が地元とは、いいですねー。
僕もたまに北条氏でやります。
あのへんは小田原、駿府、躑躅ヶ崎と、大名の居城が集中してて、うっかりすると超激戦区になってしまいますよね。
Posted by あーりー at 2006年05月05日 20:29

>mori_coさん
島津家で始めてあそこらへんまで行くとしみじみしちゃいますね
こっちにはこんなに広大な大地があったのかって・・・w
兵糧攻めに時間かかったな〜(基本兵糧攻めと水攻めです)

>あーりーさん
ヒゲ剃っちゃいました!
(* ̄ー ̄)エヘヘ
関羽とかは休み期間中じゃあむりですねw
チョリチョリだから浪人止まりです・・・
Posted by アキラ at 2006年05月05日 21:33

>アキラさん
剃りましたか♪
すっきりしましたね!
Posted by あーりー at 2006年05月05日 22:04

「信長の野望」ですか。
>ゲームをすることを仕事にしている方たちもいます。
っていうのは良く分からないけど、最新作の画像やストーリーは凄いみたいですね。
私は、koueiという会社で最初に出した同名ゲーム(もう15年以上前になるのかな?)に一時期はまっていたことがありましたね。何度挑戦しても全国制覇できないもんだから、コピープロテクトを外して、プログラムを改造(当時は5インチFDで提供されていて、BASICという、当時としてはポピュラーなパソコン用言語で作られていた=改造しても個人で楽しむだけなので、法的には問題なし)し、敵地に密使を大量に送り込むだけで混乱させ、降伏させる(基本的に戦闘を仕掛けて他国を蹂躙するのはゲームといえど余り好きではない)という手法で、全国制覇し喜んでいました。
(「A列車で行こう」や何とかという会社経営シミュレーションゲームでも同じようなことをやっちゃった)
まあ、ゲーマーとしては邪道ですね。
Posted by 風刺子 at 2006年05月08日 09:39

>風刺子さん
密使は旅人や商人に変装してもぐりこむこともあるでしょうから、大量の密使というのは想像すると面白いですね。
民衆たちは「なんか人口、多くね?」とびっくりしたと思います(笑)
Posted by あーりー at 2006年05月08日 17:01

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。