2005年10月14日

TEAM-NACS(チームナックス)全国公演COMPOSER(コンポーザー)

去る10月10日、月曜日。

TEAM-NACS(チームナックス)という劇団の、全国公演『COMPOSER〜響き続ける旋律の調べ』の上映会&トークショーを見てきました。
 
この劇団は、北海道では無敵の知名度をほこっています。全国区では大泉洋さんが有名ですが、他のメンバーも舞台ではTHE役者!で、すごいんです。

『COMPOSER』はナポレオン時代の音楽家の話です。

モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、サリエリというキラキラ星な天才がうじゃうじゃ出てきて、笑いも感動もありでした。

とくにベートーベンが第九の構想を形にしていくシーンは感動しました。我慢しても我慢しても泣きそうになって、これはまずいと思って泣かないように舌をギューっと噛んでいました。

でもあまりの感動に舌を噛み切ってしまいそうだったんで、手をつねるという作戦に変更しました。家でひとりで見ていたら絶対号泣していました。

そのくらい、へとへとに感動しました。

役者がすごいのはもちろんですが、作・演出の森崎さん、神。

DVDはこちらです。みんなの感想も載っています。

TEAM-NACS COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。