2008年03月30日

子供に読んで欲しい人物伝

世界の歴史人物伝 (まんが 世界を動かした人びと)
世界の歴史人物伝 (まんが 世界を動かした人びと)


僕が子供にもっとも読んで欲しい漫画人物伝はこれです。

って、子供いないんですけど。

でも、もしいたとしたら、まずこの本を買ってあげます。


■ダントツ1位

僕は大人なのにマンガ人物事典が好きで、けっこういろいろ持ってます。

一部↓
まんが世界の歴史人物伝

中でもダントツにおすすめなのが、この本です。


■歴史に興味が無くても

歴史に興味があれば、どの本でも楽しめると思うんですが、この本はあまり歴史に興味が無い子供でも、わりと読みやすいんじゃないかと思います。

他の漫画人物事典と比べても心に残ります。どこかヒューマンなんですよね。


■どんな人生を選ぶのか

掲載されている人物は57人。

人数はやや少なめですが、そのぶん人物の人生がよく書き込まれています。

この本のとくにすぐれているところは、人物の進路選択の動機をよく描いている点だと思います。

たとえばミケランジェロ。

ご存知のように彼は芸術・彫刻の分野で才能をあらわしました。

そのきっかけとなったのが、鼻です。


■コンプレックスをバネに

ミケランジェロが彫刻の学校に通っていたとき、友人とケンカをして鼻がまがってしまいました。

ミケランジェロは悲観しますが、そのコンプレックスをバネに「世界一の彫刻家になる!」と誓ったのです。

こういうシーンが心に残るんですよね。


■偉人が身近になる

ほかにも、

ファーブル昆虫記で有名なファーブル先生も、若い頃は苦労をして、公園のベンチで寝起きしていたとか。

偉人が身近に感じられるエピソードが紹介されています。


■1冊選ぶならコレ

僕は趣味で偉人伝をたくさん持ってますけど、ふつうはそんなに必要ないと思います。

1冊あれば十分ですよね。

だからこそ、どの1冊にするかが重要なんですが、僕が子供のために1冊選ぶとしたらまずコレです。1番子供の印象に残ると思いますから。

世界の歴史人物伝 (まんが 世界を動かした人びと)


2008年03月30日

戦国武将武勇列伝おもしろエピソード

有名な戦国武将の面白いエピソードを、漫画でサクッと読みたい方へ

マンガ戦国武将武勇列伝 (SHUEISYA HOME REMIX)

■漫画です

戦国武将の有名なエピソードや、世に出るきっかけとなった出来事などが紹介されています。


■どんな人物が載ってる?

掲載されている戦国武将は全部で12人。

織田信長、徳川家康、武田信玄、上杉謙信、毛利元就、斉藤道三、前田利家、北条早雲、竹中半兵衛、長宗我部元親、今川義元、柴田勝家です。


■どんなエピソードが載ってる?

武田信玄については、やっぱり上杉謙信との戦いを中心に描かれています。

上杉謙信は、関東進出などのエピソード。

毛利元就は、厳島の戦いなど。

斉藤道三は、下克上で国を盗るプロセスが載ってます。

前田利家は、若い頃に信長の怒りを買ってクビになったときの話です。苦労したんだな〜って。

北条早雲は、小田原城攻略など。

竹中半兵衛は、わずかな人数で稲葉山城をあざやかに陥とした手際が紹介されています。

長宗我部元親は、話題となった初陣のようす。

他の人物についても、おいしいとこ取りでエピソードが紹介されています。


■短時間でよくわかる

長い伝記をぜんぶ読むのは大変だけど、手っ取り早くその人物について知りたい…というときに便利です。


■腕試しができる

戦国おもしろクイズで知識を試すことができます。

「はじめて金貨をつくった戦国武将は?」とか。

「日本で最初に大砲を戦場で使った武将は?」とか。

ぜんぶで15問あります。

ちなみに答えは…
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。