2008年03月28日

国盗り物語 司馬遼太郎(著)

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)

脳みそ。

脳みそ。

脳みそ。


僕が『国盗り物語』を読んで感じたのは「脳みそ」ということです。

信長の脳みそ。

信長の脳みそでパチンと弾けた発想ひとつが、歴史を動かしていったっていう。そういう痛快さですね。

のちに『新史太閤記』を読んだときにも、同じことを感じました。


■今さらですが…

『国盗り物語』は戦国時代を舞台にした司馬遼太郎の小説です。全部で4巻あります。

前半(1、2巻)の主人公は斉藤道三。

後半(3、4巻)の主人公が織田信長です。



■ケンカの強いお坊さん

この本を初めて読んだときのことを、今でもよく覚えています。

ある本屋で何気なく手に取ったんです。

やたらケンカの強いお坊さんが出てきました。

骨っぽくて、野心があって、気宇壮大。

「なんだこの坊さん!」

引き込まれました。


■地位もない。金も何もない

きょう明日の喰うあてすらないお坊さん。

そんな彼が「国主になりたい」とつぶやくところから話ははじまります。

このお坊さんがのちの斉藤道三です。



■小説は事実よりも奇なり

小説の道三は、何もないところから才覚ひとつでのしあがって、たった一代で美濃の国主にまで成り上がります。


ユカイ痛快。


でも実際は親子2代による国盗りだったと言われていますよね。

まあ、それはそれ、これはこれということで。小説の道三の魅力に変わりはありません。


■信長は宇宙人

後半(3、4巻)からはいよいよ織田信長が登場します。

信長は斉藤道三の娘と結婚しました。

だから二人は義理の親子ということになります。

道三から信長へ、天下取りのバトンが受け継がれていきます。

で、信長は宇宙人…


■ラグビーボールのような発想力

信長の発想は想定外で、どこへ飛ぶかわかりません。

まるでラグビーボールです。

当時の人たちは、信長のことを宇宙人だと思ったかも知れませんよね。

「天才っていうのは、ここでこういう発想をするのか〜」

「信長のすごさはコレだ!」

と感嘆しながら読んだのを覚えています。

(・∀・)わくわく♪


■脳みそに針を

信長の「脳力」がラグビーボールのように暴れまわるのを見ていると、こっちの脳みそまで刺激されました。

針治療みたいでした。

脳みそに直接針をさされているような感覚です。気持ちいいです。

とかいいつつ、針治療って未経験なんですけどね。

国盗り物語〈第1巻〉斎藤道三〈前編〉
国盗り物語〈第2巻〉斎藤道三〈後編〉
国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉
国盗り物語〈第4巻〉織田信長〈後編〉


2008年03月28日

2秒で人生が変わる本

なにげない一言にショックを受けたり。

なにげない一言からエネルギーをもらったり。


日本の名言

僕はけっこう名言集マニアなんです。



■人生が変わる言葉

言葉にはパワーがありますよね。心にスポッとはまれば、人生が変わるかも知れません。

ひとつの言葉を読むのは、ほんの2〜3秒です。でもその2〜3秒が、この先なん10年とつづく人生を変えちゃったり。


■歴史に残るコトバ

141の名言を集めた本があるんですけど、執筆に参加させてもらいました。学研から出ています。

きのうの日記でもチラリと触れさせてもらいましたが☆
(´▽`)


■この本は売ってません

先日、大型の書店をのぞいたところ、この本が並んでいました。

でも基本的にコンビニ向けなので、普通の書店ではあまり置いてないかも知れません。

しかもコンビニはサイクルが早いので、なかなか入手はできないかな〜と思っています。

ネットなら、一定期間は買えますけどね♪


■どんな名言があるのか

いろんな人の言葉が載っています。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信、明智光秀。

北条早雲、石田三成、前田利家、大田道灌。

足利尊氏、宮本武蔵。

松尾芭蕉、清少納言、紫式部、夏目漱石、与謝野晶子、宮沢賢治。

ほかにも松下幸之助、本田宗一郎など。

141の名言が載っています。


「敵は本能寺にあり」

「人間はに手足がついたもの」

「生まれて、すみません」

「桜の樹の下には屍体が埋まっている」などなど…


■名言はなぜ生まれたのか

聞いたことはあるけど意味がよくわからないっていう言葉、ありますよね。

この本が1冊あれば141の名言の意味や背景が丸わかりです。


■この本が新鮮なワケ

この本には歴史の名言、哲学の名言、辞世の句など、各ジャンルの言葉が載っています。

僕が書かせて頂いたのは、文学界や実業界の名言です。

だから他の方が書いた部分は、僕にとって新鮮なんです♪


■金を稼ぐな、時間を稼げ

本田宗一郎の言葉です。(この本に載ってます)

名言はネットで調べることもできます。でも本を1冊持ってたほうが楽チンだと思うんです。

名言の意味、背景、人物のプロフィール。ぜんぶ調べるのは大変です。

ネットには信頼できる情報もたくさんありますけど、そうじゃないものもイッパイあります。

どれが正しくて、どれが正しくないのか。それを判断するために1時間以上も調べまくることだってあります。

1時間あれば、缶ビールを3本飲んでホロ酔いになれます。

モバゲーで新記録を更新することだってできます。

撮っておいた「ぷっすま」のDVDを見る事だってできます。

なつかしい「キン肉マン」のコミックを読み返すことだってできますよね。

で、やっぱあれですよ、家族とだんらんとか、そういうのもできますからね。

そんなわけで僕はこの本、ずいぶん重宝しています。

思わず知りたくなる!日本の名言141―人物プロフィール付!

2008年03月28日

我が家にパンダが3頭

080328_0803~01.jpg080328_0801~01.jpg

ペットボトルのお茶についていたパンダです。

パンダの数えかたって「頭」でいいんですよね。

もし違ってたら、のちほどいつの間にか直しておきます
(^^ゞ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。