2004年12月12日

三谷幸喜の『新選組!』にイチコロなわけ

少年ではなくなってしまった今でもNHK大河ドラマ『新選組!』を見ると少年だった頃に感じたのと同じ種類のワクワクを感じます。

それはたぶん三谷幸喜さんの『新選組!』が、少年をワクワクさせるツボをおさえているからだと思います。

このツボが少女にも当てはまるのかどうかは、わかりません。ぼくは少女だった時代がないので。

たとえば第42話「龍馬暗殺」。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。